2022年4月23、24日で熊本にて開催されている水サミット

今上天皇は水の研究を長年されていることは有名ですが
この度のアジア太平洋水サミットにおいて
天皇陛下が水に関して記念講演をされました。

以下のような内容でした。
(写真なども天皇陛下が撮影されたものが使われていました)



水は
人と自然との関係や、人々の自然観、世界観にも大きな影響を及ぼしてきた。

日々の水への感謝や恐れが、やがて、水を心の清めや、祈りの対象へと変化し、
水を通した山岳信仰や弁財天(サラスヴァティー)信仰、そして龍神信仰が生まれていった。

こういった水から生まれた信仰は、日本のみではなく、世界中でみられます。

水への感謝や恐れが、蛇や龍のカタチとなり、
地域や地域を超えたところ、そして、時間や、距離を超えた連帯の土台となっている。


水は
人々の生活を支えながら、
人々の心に安らぎを与え、
地域と地域を超えた連帯と共感をもたらしている。


全ての人々が豊かな水の恩恵を受けて
安心して日々の暮らしを営むことが可能となり
それがやがてアジア太平洋地域 さらには
全世界の平和と繁栄につながっていくことを
心から願います




天皇陛下ご自身が水の講演をされるのはとても貴重で、その内容も、とても心に響きました。

以前、天皇陛下拝謁の折に、お水の話をさせていただきましたら、
興味深そうに関心を持ってくださったのを思い出します。

これからも、水の声を聞きながら、
「水は聞いている」という意識で活動していきたいと思います。

天皇陛下記念講演の動画はこちらから



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。